年を重ねるにつれて、私たちは、コラーゲンが失われています。お水をやらないでほったらかした花は、いくら、今、瑞々しく輝いているとしても、将来、絶対に萎れ、枯れてしまいます。だからこそ、日々のスキンケアはとても大事です。ですが、どうせなら、高い化粧水やクリームを買って、スキンケアするよりも、安く仕上げてしまえて、なおかつ効果がばつぐんだと、嬉しいですし、お得です。

そこで、正しいスキンケアの方法を学び、それを実践しましょう。そうすることで、安い化粧品でも、高い化粧品を使った場合の効き目と同じくらいの、美しい肌になることができますし、なにより、お金を使わずにすんでしまいます。

まずはじめに、自分がどういった肌の体質であるか、きちんと確かめましょう。人によって、肌の体質は、十人十色で違うのですが、大きく分けて、4つのタイプに分けることができます。比較的バランスの良いとされる、普通肌。皮脂が多くて、水分が少なめの混合肌。皮脂と水分が多い脂性肌。そして、皮脂も水分も少ない乾燥肌というのがあります。

脂性肌は、吹き出物ができやすかったり、乾燥肌は、かさつきやすく、シミや、くすみができやすいように、肌の体質によって、なりやすいものが分かります。なので、自分のものを知っておけば、自分のなりやすいものが把握できるので、それの対策も事前にすることができます。

肌の体質をチェックする方法は、洗顔フォーム等などを使わずに洗顔をした後、タオルで水を拭き取り、何もせずにそのまま10分から、15分ほど待ちます。そして、時間が経ったあとの肌の調子を見てみましょう。この方法で、肌のテカリ具合や、ツッパリ感などで、自分がどの体質なのかを、大まかですが、知ることができます。

 

次に、大事なのが、時間帯です。
スキンケアに一番適した時間帯は、お風呂上がり、洗顔後です。これの後にすることで、お肌への美容成分の浸透率が上がり、他の時間帯にするよりも確実に美しい肌へ近づけることができます。

 

そして最後に、睡眠です。
10時から、2時の間が、お肌のゴールデンタイムと言われています。この時間は、ダメージされた肌を修正してくれる時間のことをいいます。ですので、この時間までに、スキンケアを終わらせて、早めに就寝することが大事です。

肌の体質、時間帯、そして睡眠。この3つをおさえることで、高い化粧品を使わなくても、美しい肌へなることができます。