夏の海

気温が上がり湿度も高く、肌もベタつきが気になる夏。秋冬に比べて乾燥を感じづらく、肌も潤っているような気がして保湿をサボりがちな季節ではないでしょうか。

ですが、夏のケアが秋冬の肌にかなり影響してきます。乾燥や夏に受けたダメージを持ち越さない為にも、過酷な夏をどのようなケアで乗り切るかが大切になります。

夏と言えば、外に出るとジリジリ暑い日差しで日焼け、そして現代は冷房が整った環境がほとんどですので、室内に入るとヒンヤリ乾燥しています。それは冬と同じような状態に肌がさらされるとも言われています。

近年はインナードライと言って、肌の中が乾燥している方が若い女性にも非常に多いそうです。そんな日焼けや冷房による乾燥から肌を守る対策として、保湿は欠かせません。特に必要なのは水分。化粧水による水分補給がまずは一番大切です。

水分が足りない状態に、しっとりコクのある乳液やクリームをたっぷり乗せたとしても、中まで潤うことはできません。例えば、干し椎茸を戻すときには必ず水に浸けますよね。油を塗ったとしてもふっくら戻すことは出来ません。肌にも同じことが言えます。

また、水分たっぷりの肌は乾燥している肌に比べて日焼けしにくいと言われています。こちらも例えると料理と同じことが言えます。干物と生魚をグリルで焼いたとして、火が通りにくいのは断然水分たっぷりの生魚ですよね。ですので、夏は汗もかくから潤っていると錯覚しがちですが、しっかり化粧水をつけましょう。

朝はバタバタしがちですが、せめて夜のスキンケアには時間をかけて、少量ずつ手に化粧水を出して、ハンドプレスでゆっくり馴染ませましょう。それを繰り返し、肌が潤った、もう水分は入らないなと思えるくらいのタイミングで、次の乳液やクリームなどをつけるのがベストです。

この夜のケアは、日焼けした日にもおすすめですよ。日焼けした後の肌は、熱を持ち火照ったり赤みが出やすいので、まずは冷やすことが大切です。化粧水をコットンやフェイスマスクに染み込ませて、パックしてあげるといいでしょう。ここで水分補給のケアをしっかりしていると、夏のダメージを肌に残さないことにも繋がってきます。

このように、夏の日焼けや乾燥で固くなった肌で秋冬を迎えてしまうと、さらに水分が入りづらいゴワついた乾燥肌になってしまいます。乾燥はシミやくすみ、小じわなどのトラブルに直結しやすいので、女性は秋に歳をとると言われているほどです。

秋冬を迎える肌の準備として、夏こそしっかり保湿ケアをしましょう。