シンプルライフ

10代の頃から乾燥肌に悩んでいて、特に目の下のカサカサがひどく、ニキビが定期的にできよく母親に化粧水くらいつけなさいと言われていました。悩んでいるわりに10代は自分にうとく日焼け止めも塗らず平気で外を歩いていました。

何度か母親の薦めで化粧水を使いましたが母親の使っている化粧水の臭いや乳液のべたっと感が嫌で化粧水と乳液をつけることに抵抗を覚えていました。

 

10代後半、ケアもままならない中ファンデーションを使うようになり、それを落とすために、ごしごしとメイク落としで落とすようになりますがその後のケアはしない、そんな毎日を繰り返してたら当然のように肌は乾燥肌がひどく目の下のカサカサもひどくなり、おでこまでカサカサになりました。

20代になりそんな生活の中生活リズム、食生活もばらばらになり化粧を落とさないで寝てしまう日々が多々ありました。お肌にとって一番悪い生活になっていました。さすがに、20代後半になって、今までは若さで耐えていた肌もこれからは耐えれないなと鏡の中の自分を見て思うようになり、まずは化粧を落とさないで寝ることだけはしないと決め、食生活、生活リズムを整えました。

 

そして化粧水も何種類と試した中から無添加で臭いのほとんどないものを選びつけるようになりました。ですが、保湿の為といえ乳液だけはつけることができず、今でも使っていません。そこでもうひとつ保湿の為につけているのがオイルです。

少しの量を手に伸ばし使うので、苦手なベタッと感と臭いがなく、化粧水の後にこれだけをしています。化粧品も徐々に無添加のものを使い、現在30代ですが、洗顔用石鹸、メイク落としも無添加のものを使っています。化粧をした日や日焼け止めにパウダーをした日の夜は、こすらないように石鹸で洗顔し、こすらないようにメイク落としで洗顔し、化粧をしっかり落としてから、化粧水とオイルをするようにしています。

 

今日は肌が疲れているなと思ったときは、洗顔後、ホットタオルをし、化粧水、オイルをします。そして朝の洗顔は、洗顔を石鹸を使わずにぬるま湯より冷たい水でこすらないように洗います。その後は、化粧水、オイルで終わりです。

朝も石鹸を使っていたころは、今より乾燥肌でした。試行錯誤した中でなるべく肌の負担を少なくして最小限のケアで、自分の持っている肌の力の足りない部分を補うケアを心がかけるのが大事だと思いました。

 

今では、目の下のカサカサがなくなりほぼ肌トラブルはありません。吹き出物もできません。これから30代後半になりますが、その時その時に必要なシンプルなケアを心がけ、お肌のケアが自分にとってストレスではなく、喜んでできるようなればもっと肌の調子は整うと思います。