eatingwoman

まず、美白は、口に入れる物の影響が大きいです。ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールといった抗酸化作用のある成分を沢山摂取する事が必要になります。

ビタミンCはレモンやオレンジ等の味覚的に酸っぱい物に多く含まれており、1日80mg摂ると効果が現れます。
その上、美肌に良いコラーゲン合成の際に酵素の働きを助ける役目も担い、発癌物質のニトロソアミンの抑制をするので細胞を活性化でき、肌の調子を整えてくれます。

消化管からの鉄の吸収を促す効能も持っており、体調を崩さずに美白ができます。ビタミンEはゴマや植物油等の油性の物に多く含有され、1日8mgの摂取が要ります。神経症状にも作用するので、美白への努力とは無縁な爽やかな見た目が手に入ります。

 

ビタミンCとビタミンEを一緒に摂ると、活性酸素の除去効果がより顕著になるので、血液を綺麗にしてくれます。
ポリフェノールは多く摂れば摂る程、効果が上がります。お茶に含まれるタンニンやカテキン、蕎麦のルチン、大豆に含有されるイソフラボン、葡萄やブルーベリーに含まれるアントシアニン等があります。

ポリフェノールは、ほとんどの植物に含有されているので、果物やスーパーフードを食べる事で賄えます。また、血液を綺麗にして、腹八分目で要る事も重要です。血中が酸性に傾いてしまうと、有害物質が体に蓄積する量が増えるので肝臓での解毒作用や腎臓での老廃物の排泄が行き通らなくなり、病的に色が黄色くなったり、黒くなる事があるからです。

 

次に、シミの原因は、紫外線によるメラニンの生成です。メラニンは、肌に作用してチロシナーゼという皮膚を黒ずませてしまう成分を作り出します。そして、ポリフェノールの作用によって、紫外線から身を守る事ができます。美白を促す為には、体内にポリフェノールを常に蓄積させる事が必要です。

なぜならば、ポリフェノールは血液中の酸化による臓器の老化を防ぐ効能があるからです。摂取すると血中の抗酸化力が上昇する為、LDL-コレステロールの酸化を抑制します。血中脂質が減ると、過酸化脂質による細胞の劣化が少なくなるので皮膚を綺麗に保つ事が可能です。

最後に、肌を綺麗にする為には、汗をかかなくてはなりません。肌の水分量を上げて肌荒れを防ぎ、肌質を明るく見せたり、基礎代謝を上げてシミの生成を抑制する為です。しかし、汗をかいたまま放置すると、日光が差した時に色が黒くなりやすくなります。改善策としては、医療用のアルコールで汗をかいた後のべたべたした部分を拭き取って下さい。拭き取った部分から、必ず黒ずみが出てきます。それが皮膚に溜まると次第に体内に吸収されていき、シミの材料になってしまうからです。

また、目からも紫外線は入ってくるので、常にサングラスや通常の物より3000円程高い紫外線カットの眼鏡をかけて外出する方が良いです。大量のメラニンが生成されてからでは、美白に戻すのが大変になるからです。