egaono40woman

 

さて乾燥肌にかなり長い間悩まされ、40歳にして、今が一番肌が元気で綺麗かもしれないと感じている女性です。
肌には体質と同じくらい色んな悩みがあると思います。私も年齢と共に色々悩みましたが、乾燥が原因だということはずっとかわりませんでした。

化粧品やさんに行くと20代前半から乾燥しすぎた肌がバランスをとるために皮脂を出しているといわれました。それを知らず一生懸命皮脂を気にしてあぶらとり紙を一日何枚も使っていた私。肌がバッサバサでボロボロでした。かなりの勘違い対処法でした。

ひとつの化粧品やさんの意見だけでは商業戦略かもしれないし、いろんなプロに意見を聞いたほうが正しい意見になるだろうな、と思い、いろんな化粧品カウンターに行って最新鋭の機械で調べるも結局いわれる原因は乾燥でした。

最初は乾燥に効くと言われる基礎化粧品は本当に色々と試して比べました。商品によって特色がそれぞれですから、それはもうドラッグストアから有名ブランドまで多岐に渡って…。

今思うと若かったから雑誌やテレビの情報に振り回されすぎていたかな、と思います。1つの商品を長く使い続けず次々と試していたので「どれも効かない」と躍起になっていたと思います。

エステにもお金をかけました。OLの少ない貯金をはたいて。でもやはり続けるには収入に無理があるので続きません。

それで30代になって少しいろんな事が落ち着いてきたあたりで、自分でできる範囲でなんとかしようと思い始めました。ネットをみて、雑誌をみて、紹介している商品は違うけれど、共通点は基礎化粧品を丁寧に使うことでした。

現実的に考えて、私のお給料を算出するとクレンジングから保湿ケアまでの工程で一月に4000円程度しかかけられません。人間贅沢ですから、たまに友達と美味しいご飯も食べに行きたいし服もほしい。興味があることも勉強したい。

どんぶり勘定でしたが、そのくらいの予算にしないと無理がたたるという経験から来る勘が働きました。それで選んだのはドラッグストアで売っている保湿特価型の化粧水と乳液。美容液やクリームは買えませんでした。

お手入れは基本を大事にしました。化粧水を数回に分けてつけて、肌がもっちりするまでつけて、もちろん隅々まで抜け目なくつけます。

乳液も手のひらに少量づつとって自分でちょうどいい潤いと感じるまで何度でも繰り返しました。これを3ヵ月くらい繰り返しているうちに肌に水分が満ちてが白くなってきた実感。だんだん決めも細やかになってきました。

私の場合は面倒くさがりなので、沢山のアイテムを使い分けるのがストレスになっていたのもいけなかったかな、と思います。マメな人の真似をして買いそろえたこともありましたが、使い分けが面倒でそのうち埃がたまるというオチがつきます。

何はともあれ私の持論は基本的なことを重点的にです。面倒くさがりな自分に一番あう方法を見つけた、と我ながら自分を誉めています。