シワに悩むイメージ

 

一言でシワと言っても、実はシワには色々あります。目の周りにできる細かいシワ、皮膚の表面にできるちりめんジワ、口の周りにできる法令線、顎の辺りにできるマリオネットライン、頬にできるゴルゴ線等挙げたらきりがないくらいです。これらのシワは、大きく2つに分けることができます。1つはちりめんジワ等の皮膚の比較的表面にできる浅いシワと、もう1つは、法令線等皮膚の深い層にできる真皮ジワです。

浅いシワに関しては、保湿対策をきちんとすれば、ある程度効果がありますが、真皮ジワに関しては、いくら保湿をしても効果はあまり期待できないのです。では、真皮ジワに効果がある対策はあるのでしょうか。

まず真皮ジワは、皮膚にあるコラーゲンが弾力を失うことからできるシワです。ですから、このコラーゲンを増やすことができれば、真皮ジワを防ぐことができるのです。具体的に言うと、コラーゲンは真皮の7割くらいを占めていますが、そのコラーゲンの繊維をまとめるエラスチン、そしてコラーゲンとエラスチンの間にあるヒアルロン酸を補うことができれば、真皮ジワ対策になるわけです。

コラーゲンが萎んでしまう一番の原因は紫外線です。紫外線は、コラーゲンを分解してしまう酵素に働きかける為、紫外線は浴びれば浴びるほどコラーゲンが減ってしまうのです。ですから、一年を通していつでも紫外線に気をつけることが大切です。できれば冬でもSPFが高い日焼け止めを塗るのがオススメです。

またコラーゲンの生成にはビタミンCが作用します。またビタミンCは、美白効果や抗酸化作用も期待できるので、総合的なアンチエイジングにも効果があると言えそうです。高濃度のビタミンCが配合された化粧品を使うのもよいでしょう。また、ピーリングをすることで、化粧水の浸透を良くしたり、肌のターンオーバーを上げることができるので、相乗効果が期待できます。

紫外線からお肌の細胞を守る為に、体の中から抗酸化物質を摂るという対策もあります。ビタミン系で言えば、緑黄色野菜、果物やナッツ類を摂るとよいでしょう。また、リコピン、イソフラボン、カテキンなどもよいとされています。バランスのよい食生活を心がけ、自然と抗酸化物質が摂れるといいですね。

継続は力なり、以上のことを地道に続けることで将来のシワを防いでいくことができるはずです。しかし、既に出来てしまった深いシワに目に見えて一番効果があるのは、ヒアルロン酸やコラーゲンを直接肌に注入することです。手っ取り早くシワを埋めたいという方は、美容皮膚科などに相談に行くといいかもしれませんね。