シワとは年齢を重ねると老化によって出てきます。乾燥ジワには(真皮性ジワと表皮性ジワ)があり表情シワの二種類がシワにはあります。

 

【表情シワ】
肌の老化が進むとコラーゲンとエラスチンの繋がりを紫外線が破壊してしまいます。よって肌の形状記憶が弱まって出来るシワです。目尻や眉間などに出来やすい。笑顔をする時に無理に顔に力を入れすぎないようにしましょう。後キチンとした正しい姿勢を心がけると余計な部分にシワがよりにくくなります。

【真皮性ジワ】
潤いやコラーゲンを保つ成分が少なくなって弾力がなくなりよって深いシワが出来やすくなります。顔の皮下脂肪が下がって、老化による表情筋の働きが衰えてシワが出来る。真皮まで及んでいる深いシワになります。深いシワの部分を指で広げて見て、それでもシワが残る場合は真皮ジワの可能性が高いと思われます。猫背などの悪い姿勢を続けるけるとたるみがシワの原因の一つになります。

【表皮性ジワ】
角質層の水分の減少と老化による新陳代謝の低下によるものです。新陳代謝が低下して新しい細胞が生まれてくるのが遅くなると肌の保湿力が落ちてきます また睡眠不足などでホルモンバランスが崩れるのも原因になります。
何故ならばお肌の回復は寝ている間に行われるなのでよい睡眠はシワ対策には大切です。ちりめんのように細かい浅いシワが表皮性ジワです。一般的に小じわと呼んでます。目尻や目の下に出来ます。

ちりめんジワは表皮の中の最も外側の角層に出来るシワです。また活性酸素がシワの原因の一つにもなります。
ヒアルロン酸(お肌の働きを保つ)、エラスチン(お肌の弾力繊維)皮脂などを酸化させるのが活性酸素です。紫外線に沢山浴びるとシワの元の活性酸素が沢山発生するので注意しましょう。

 

【シワの部分別の対策について】
(目元 )目元はヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドの入った美容液を使用する 目元はマッサージしてはいけません。保湿パックも効果的です。

(目尻)目尻には乾燥を防ぐためのアイクリームがよく目尻の小じわに効くツボを押すのもよいです。

(額のシワ)おでこの筋肉を鍛えるとシワが薄くなります。お風呂でやるとより効果的です 顔の皮膚が柔らかくなりやりやすくなります ※毎日行わないと効果がありません。

(口元のシワ)シワが細かい内に早めに保湿をする事が重要ぬります。
シワを伸ばして美容液を塗りシワの奥まで届くようにします。シートパックなども活用するとよいですし、表情筋を鍛えるエクササイズも行いましょう。