私の神経質な性格なので、吹き出物が出来る度に手でいじってしまい悪化させてしまっていました。元々、ニキビが出来る方ではなかったし、出来たとしても殆んどあとが残るような事はありませんでした。それでどんなに爪でいじってしまい、傷跡がひどくなってしまったとしても、自分で悪化させた傷なら若い頃は必ず綺麗に消えていました。一年程度残ってしまったひどい傷も子供の頃は綺麗に消えていました。

転機が訪れたのは三十代半ばに差し掛かった時の事です。肌に自信があった私もやや弛みが気になるようになり、ホウレイ線も目立って来ました。それでも肌の修復力は健在だろうとたかをくくっていたのですが、ある時手首に出来た小さな火傷痕がそっくりシミになっていました。

まさかとは思いたしたが、いくら待っても消えません。気が付くと二の腕や背中にもシミが増えていました。これはイケナイ、と思ってそれから悪いクセを気をつけるようにしました。ところが悪癖はなかなか治らないもので、いつしか顔にニキビが出来てしまったのを我慢出来ずいじり回していました。その時まずいと思ってビタミン剤も服用し、日焼け止めもしっかり塗ってアフターケアをやったつもりでしたが、結局初めて自分の落ち度で体にシミを作ってしまいました。しかもそれが、もみ上げ近くと言っても顔の部分だったのでとてもショックな事でした。

 

誰にでも衰えは来ます。いつまでも同じだと思っていると、いつの間にか対策を怠らない人と違いが出てしまうようです。私の経験を見ると、シミに関して言えば、三十代前半から半ばにかけて、つまり肌にはりが足りなくなってきた頃が転機だったのでしょう。しばらく鏡を確認する事が続きましたが、一向に薄くなりません。

私はその時初めて本気でシミ対策を考えるようになりました。他のかたは是非機会を逃さないで欲しいですね。
そして私が行ったシミ対策はというと、とにかく出来てしまったものを消したいという事でした。消えるくらいなら新しく出来る事もありませんからね。

まず悪い習慣を改める事。悪いクセは完全には治りませんでしたが、ある程度重度にならなければ傷跡がシミになることはない事が分かり、これ以上は我慢する、と言うようにほどほどに悪いクセを直す事で解決しました。
次に速効性がありそうと言うことで、割りと効果が強めの、患部に塗るタイプの美白剤を使用しました。これは目に見えた効果がありませんでした。ちゃんと使えば効果があったのかも知れませんが、副作用が気になり、使用が難しく感じました。

 

使って良かったのは、ビタミンCとLシステインを合わせた飲み薬です。間接的に作用するだけなので余り期待していなかったのですが、以外にも確実な効果が見られました。数ヵ月ほどで明らかにシミが薄くなったのです。ビタミンCは健康的だし本当にオススメ出来ます。しかし消えるまではいきませんでした。出来てしまったシミを直すには基本的に医療機関を利用すべきです。そうは直りません。

やはり第一は自分の体をよく知って、シミを作らないように気をつける事です。お肌は必ず衰えます。普段からの適切なケアを忘れないようにして、後悔しないようにしましょう。