乾燥肌対策には、お風呂が重要になってきます。普通肌の方だけではなく乾燥肌の方も、お風呂の中では肌はしっとりしています。乾燥肌が悪化して炎症が起きている場合には、肌が温まってかゆみが出ることがあります。

お風呂は、シャワーよりも浴槽にぬるめのお湯をはって、しっかりと浸かるのがポイントです。充分に顔や肌に潤いを与えるためで、血行がよくなるからです。熱いお湯にすると体から余計に脂分が流れ出てしまいます。脂分を残しておくためにも、ぬるめのお湯にするのがポイントになってきます。

乾燥肌の方は、顔や体だけではなく、頭皮も乾燥してきます。洗顔料やボディシャンプー、シャンプーを自分に合ったものを選ぶことも必要です。そして、使いすぎないことも重要です。汚れだけでなく、皮脂も流してしまいます。汗をかいたり汚れが気になるときは毎日使うことも必要ですが、2日に1回にするなど使う量を減らすことで、肌を乾燥から守ることができます。

そして、使う時には洗い残しがないように、しっかり洗い流します。シャンプーが首に残っていると、首の乾燥や肌荒れの原因にもなります。湿疹や赤みが出てくる場合もあります。乾燥肌は、肌がデリケートなのでちょっとしたことで肌のバランスが崩れてきます。無添加のボディシャンプーやシャンプーに変えることで乾燥が改善されることもあります。

乾燥肌の方は、肌の表面にあるバリアが少ないために、せっかくお風呂の中で潤いをしっかり与えても、お風呂から上がるとすぐに水分が蒸発していまします。蒸発を防ぐために、保湿ケアが重要になってきます。

お風呂から上がると、すぐにタオルで水分を吸い取ります。タオルで水分を押さえるようにすると、肌にやさしいです。まだ少し水分が残っている状態で保湿を塗っていきます。しっかりふき取ってしまうよりも、保湿の効果を発揮することができます。お風呂からあがって3秒以内に保湿を塗るのが理想です。少しでも遅くなると、水分の蒸発が始まっているので、効果は半減されます。

保湿には、いろいろなタイプがあります。クリームタイプやスプレータイプ、液体タイプ、固定に近い状態で伸ばして使うタイプなどいろいろあります。季節によって使い分けることもおすすめです。冬場はしっかりと塗れるように、クリームタイプがいいです。

肌にしっかりなじみ、しっとりが続きます。夏場は汗をかくので、しっかり保湿をしてしまうと毛穴が詰まって、あせもができやすくなります。軽めのスプレータイプがおすすめです。